toggle
2017-06-19

親子の話題

 先日の漢字検定を親子で受検された方からこんな嬉しいお便りが来ました。
ご本人様に掲載の許可をいただき載せさせていただきました。
以下、人名の部分以外原文

お疲れ様でした。
これまで、子どもが3人もいれば、学校から漢検の案内などは幾度となくありましたが、
なんだかめんどくさくて、本人達にろくに確認しないで、ゴミ箱行きでした。
今回、お誘いいただいてやってみて、しんどかったけど楽しかったです。
成田さんが言ってたように、親子のふれあいや話題としては、予想以上の効果があったと思います。
XXが(お子様の名前)、漢字が苦手って言ってたのは本当で、今回の結果も難しそうですが、
終わって駅に向かう間、この先も引続き受検したい!!って、嬉しそうに言ってました。
次もまた成田さんのところがいいそうです(@^O^@)
日々の忙しさの合間にも、子どもとの時間をもたなくてはと、映画や買い物に行き、その場しのぎしてましたが、
今回の親子での挑戦で、またこれまでとちがった関わりがもてました。
そんなことを考えるきっかけを頂きました。
ありがとうございました!!

以上、原文終わり
仕事でも男女関係でも共通の話題がなくなると疎遠になりがちです。
ましてや未成年で日々大人になる為に、頭がぐちゃぐちゃになっている
思春期の子どもとふれあいを持つのは意識しなければ大変です。
漢字検定でもスポーツでも何かの共通のきっかけがあれば、
子ども達から安心して話せます。
大人になってまで小・中学生の勉強なんて。。。
など言わないで下さい。子ども達は毎日勉強しています。
共通の話題を持つ為に周りの大人が「大人が本気で勉強する」と
いう寄り添いをしてみませんか。
きっと彼らはそれをみて自ら勉強するはずです。
漢字検定協会様
なかなか、いいエピソードだと思います。宣伝しておきました。
次回の検定料、いくらか安くなりませんか。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です