toggle
2018-10-11

【学校も変わっていく】

コミュニティ・スクール研修会に参加してきた。とてもおもしろかった。

「学校の運営や必要な支援について意見を出し会う会議体」を設置している

学校のことをコミュニティスクールというらしい。

「学校の運営や必要な支援について意見を出し会う会議体」を

学校運営協議会というらしいですがこの協議会の主な役割の中に

「校長が作成する学校運営の基本方針を承認する」

という役割があります。

 

学校運営の基本方針を承認する

 

ですよ。

 

会社に置き換えたら会社運営の基本方針を承認する。

つまり株主です。

 

それぐらい学校は切羽詰ってきているという状況なのかと思いました。

 

たしかに、登校しない児童を先生が迎えにいくとか

普段、協力してもらっている地域のボランティアの人達に色々な(過剰な)配慮するとか

良い悪いはともかくとし、昔とは違い勉強とは違ったところまで求められてきている

と思います。

 

このコミュニティ・スクール制度、非常に興味深いですが、音頭をとっているのが

市という事で遅いのなんの。。。

いろいろと調整があるのだろうけど、今年度はこれが2回目の集まりです。

 

これが動き出した頃には、また別の制度になっているのだけは嫌だなぁ。

 

講師の茨城大大学院の照屋翔大先生、とてもわかりやすく内容も楽しくあっという間の

授業でした。勉強になった。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です