ドラム缶から石焼き芋機

ある理由で石焼き芋をやる事になり、石焼き芋を作った。

こんな感じのを作ってって言ったら見積もりが5万円。

確かに似た様なものを買うともっと高い。予算がないのでYoutubeで検索したら

ドラム缶で作っているのを発見。じゃあ、DIYと言う事で!

晴天の日曜日1月19日、大人二人で所用時間 4時間(11時から15時まで)。昼休みも取らずに作りました。

作成場所はお友達の工場で、そしてメインの作業も、そのお友達にほとんどをお願いしました。。。

メインの作業をやってみる?と言われたが、ちょっとやってみて。。。

むり! と即座に判断できました。

「ドラム缶の曲がっているところをサンダーで切る」

とか「溶接する」とか、素人には怖くて無理です。

結局、ドラム缶内を拭いたり、サンダーでのやすりがけしかできませんでした。

そして、できたのがこれです。

「見栄えが悪いのでペンキを塗りましょう」と言われたがそこまで体力が残っておらず、これで出来上がり!

本番前に焼き芋練習をします。

人間、やればできるんですね。やったのは、お友達ですが。

ありがとうKさん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です