【常識を疑う】

学校の「当たり前」をやめた

学校の「当たり前」をやめた

『学校の「当たり前」をやめた』 工藤勇一 著  時事通信社 出版 

これはぜひ、保護者に読んで欲しい。

冒頭の章 宿題-ただ「こなす」だけになっていませんか

でこころを鷲掴みです。

宿題についての本質的な事を言ってます。

企業では当たりまえの事が教育現場では、正しい事としてまかり通っています。

P22 すでに分かっている生徒にとっては、宿題は無駄な作業で、

分からない生徒にとっては重荷になっている様に思います。

P24 宿題を全廃したことで、最も喜んだのは、受験を控えた3年生の

生徒たちでした。~中略~

自分とって重要ではない非効率な作業から解放されたからです。

冒頭の章からこれです。あっという間に読んでしまいました。

全214ページ 1800円 目からウロコがいっぱいです。

帯の『何も考えずに「当たり前」ばかりをやっている学校教育が、

自分の頭で考えずに、何でも人のせいにする大人をつくる。』

耳が痛い言葉です。