【脳は勘違いばかり】

「脳はバカ、腸はかしこい」   藤田紘一郎 著

東京医科歯科大学名誉教授 専門は寄生虫学、熱帯医学、感染免疫学の著者が

腸が脳に比べて、いかにぞんざいに扱われているか。を語っている。

以下、本のソデにある紹介文より

~脳はうわべだけの満足ばかりを求め、意志薄弱でうぬぼれも強いのです。

常に真実をねじ曲げ、偏見まみれなのです。ところが腸は意志が強固です。

だましたり、だまされたり、勘違いなどしません。~

ストレスで疲れた脳は暴飲暴食をします。

すると腸は胃酸を逆流させ、臭い口臭を出します。はたまた、

下痢になったりして体を調整します。身勝手で弱い脳の尻拭いを

一生懸命しているのが腸です。

またドーパミンを出すためにも腸が必要で有ることや

人間が免疫力が弱くなったり、アレルギーが増えた事、

はたまた、人生などについても書いてあったり、途中で何の本だ?と

思うこともありました。笑

読後、ライザップ式のダイエットは理にかなっていると思いました。

脳はバカです。どうやって脳をなだめすかし、勘違いさせるか・・・が、

これからの時代かも。