【子供・若者育成支援強調月間】

11月は総務省他たくさんの団体が主体となっている
「子供・若者育成支援強調月間」です。

子どもの育成を支援しましょう。という活動らしく、ホームページにいろいろ
と書いてありましたので詳しくはそちらを。

読んでいて、さて、私たち大人は、どのような子供・若者を育成するのかと
いう点に明確な答えをもっているだろうか、
少なくとも私は明確に持っていないと思い、これを機会に調べてみた。

もちろん、塾である以上、勉強が出来るようにするという命題はあるの
ですが、それは一般的なものであり、子どもを育成するという観点から
はっきりとしていない。それは良くないと思い考えてみようと思った。

現状の結論からいうとまだ答えは出ない。

しかし、調べる中で一つ面白い文献を見つけた

しつけ言葉から探る「理想的」人間像

2005年の金沢大学経済学部社会言語学演習内 磨谷順子 氏が書いた論文です。

「理想的」人間像
(日本)周りの期待に配慮し、それに従う人間
(ドイツ)自分で考え、それを基準に判断する人間

という仮説を立てそれを検証するという論文であった。

感覚的に日本人は自分で考え、それを基準に判断するという事を
求められない社会で育ってきていると感じている。
昨今、流行りの論理的思考力を考えてる上でヒントになるかも。

kid on white table painting
Photo by cottonbro on Pexels.com