【研究ありがとう】朝日小学生新聞

朝日小学生新聞 11月27日(金)一面より

肝臓は大切に

臓器の中でも何も言わずに無口に頑張る臓器、肝臓。
無口だけど、「肝心かなめ」の肝の文字が使われている臓器
だけに、それを守る研究ですから大変なことです。

記事を読んで、ノーベル賞を受けるのも納得という感じがするのですが
C型肝炎ウィルスと命名したのが1989年。
それから30年以上たってからノーベル賞。遅すぎないか?

受賞までの年月が長すぎやしないか。と思ったけど、そんなもんなのかな。
下手すると研究者死んじゃうよ。ってな事を感じた。

でもノーベル賞財団にしたら、こっちの都合もあるんだよ!
というところだよね。

はい。その通りです。毎年ノーベル賞には感謝しています。
新しい事が勉強できるから。来年もどうそよろしくお願いいたします。

art industry writing technology
Photo by Marie Crestie Joie Contrata on Pexels.com