【失敗に負けない】

バッテリー交換

先日、バイクのバッテリーがあがったようでセルは回るがエンジンがかかりません。困ったもんだな。とバッテリーを取り出し、初めて充電というものをやりました。ポイントは「初めて」です。

まずはGoogleでやり方を調べて充電器を購入。
マニュアルを取り出しバッテリー交換の所を熟読(1ページですが)
バッテリーカバーが取れない!全然取れない。
15分ほど格闘し、やっと取り出す。

充電器に接続したところ、やっぱり充電不足。
充電器につないで一晩、そのまま。

翌日のバッテリーチェッカーの満充電の数字に満足!
ニコニコしながら、バッテリーを戻し、電極を接続すると、
「ぱちっ!」と火花。危ない危ない。気を付けないと。
今度は気を付けて反対側のコネクターを接続して、接続完了。

大変だったバッテリーケースを取りつける前に
エンジンがかかるか?キーを入れて回してみたところ。
インジケーターが点きません。電源が入らないのです。
 そう。。。
充電する前より、ひどくなってしまいました。セルが回るどころか
電気が流れません。。。いやな予感です。

やっぱり素人が手を出しちゃいけないところだったのかな?
バッテリーカバーを外すときにかなり力を入れたからその時に
どこかが断線してしまった?
さっきのパチッ!で何か壊れてしまった?
押して持っていく?いやいや、ここにバイク屋さんを呼ぶしかないのか?
いくらかかるんだ?もう、絶望感に落とされました。

初心に返る

困ったときは、そう。出来る限りの事をする。
バイクのマニュアルを読み直しました。
そのマニュアルに「ヒューズ」というところがありました。
これならチェックできるかも。カバーを外し、チェックしたところ、
なんとそれが切れていました。

一つの小さな光を見つけたようでした。スペアがあらかじめバイクには
ついているようで、それを取り出してつけたところ、やはり、ぱちっ!と
言って、ヒューズが切れます。
あれ?どうしたんだろう。。。

「左」切れたヒューズ、「右」切れる前のヒューズ

3回目のパチッ!で、もしかしてバッテリーの向きが逆?
バッテリーを逆にして戻してつけたところ、何も問題なく、
セル一発で始動。

何はともあれ、エンジンがかかってよかったです。

子どもにとってわからない。というのは、こんな感じなのでしょう。
「失敗に負けない試行錯誤する気持ちをはぐくむ。」
エンジンの音を聞きながら思いました。

photo of a glove on motorcycle handlebar
Photo by Kevin Bidwell on Pexels.com