【無形文化遺産に】朝日小学生新聞

朝日小学生新聞 12月24日(木)一面より

木造建築の技がユネスコに登録

日本の木造建築の技がユネスコの無形文化遺産に登録される事が

決まったようです。

記事によると、昔、ヨーロッパにも木造建築の技術はあったらしいのです。

しかし鉄筋コンクリートなど近代的な材料を使う事が増え、その技術が途絶えて

しまったようです。一方、日本の気候は湿度が高く、鉄筋コンクリートでの

建物の場合の湿気がこもります。また、今のビルは耐震構造が上がっていますが

昔はビルは耐震性がそれほど高くなく、木造建築が選ばれていた。という

側面があったかもしれません。そして、日本は湿気が多く、地震などの

災害も多く補修する機会が多かったので、技術が伝承されたという事らしいです。

文化庁の発表によるとこの申請では17件の技術が保存技術と

「建造物修理」,「建造物木工」,「檜皮葺・杮 葺」,
「茅葺」,「檜皮採取」,「屋根板製作」,「茅採取」,
「建造物装飾」,「建造物彩色」,「建造物漆 塗」,
「屋根瓦 葺」,「左官(日本壁)」,「建具製作」,
「畳製作」,「装潢修理技術」,「日本産漆生産・精製」,
「縁付金箔製造」

なっているそうです。建具制作や畳制作は結構身近ですよね。

この技術を伝統保存していく事が重要のようです。

brown wooden door near body of water
Photo by Pixabay on Pexels.com