【都道府県とアメリカの州の違い】

中学生に都道府県ってアメリカの州みたいなの?って聞かれて。
うーん。州の方が権限が強いんだよ。法律とか作れるし、例えば、お酒を飲む年齢とか、
拳銃を持ていいとか駄目とか、州によって違ってもいいんだよ。と説明しました。

そうすると何が違うの?って聞かれました。良い子たちです。笑
そうだよね。確かに意味はわかるがどう影響するのか?この説明だと分からないよね。

歴史から考えるとどうだろう。


日本の「都道府県」、これはその時の日本政府が藩を止めさせて中央集権をつくろうじゃないか!と始まったものです。親が国で子どもが都道府県。

しかしアメリカの州はもともと、ヨーロッパから一発当ててやろう!もしくは流れてアメリカに来た人たちなど色々な人達で作った小さな国みたいな物です。
そこに住む人たちがヨーロッパからの重税に腹をたててヨーロッパの親分の国と独立戦争を勝ち取って出来たものです。


三権分立は州内にあるけど、最終的にはアメリカ連邦の憲法が最高になってしまう訳だから、
乱暴な結論かもしれませんが、仕組みとしてはそれほど違いが無いのかもしれません。
アメリカの州も日本の都道府県の様な物になっているという意見もあるようです。